野党4党、首相指名選挙で枝野氏に投票 共産は22年ぶり他党首に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党の枝野幸男代表=衆院第1議員会館で2020年9月4日午後2時、竹内幹撮影
立憲民主党の枝野幸男代表=衆院第1議員会館で2020年9月4日午後2時、竹内幹撮影

 立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は16日午後、衆参両院の本会議で行われた首相指名選挙で、そろって立憲の枝野幸男代表に投票した。共産党が他党の党首に投じるのは、1998年以来22年ぶり。野党4党の共闘を深化させ、次期衆院選での政権交代を目指す姿勢を印象づける狙いだ。

 立憲の枝野氏は指名選挙前の16日午前、共産の志位和夫委員長と会談し「菅政権を倒して政権交代を実現したい」と自身への投票を依頼した。志位氏は「野党連合政権を作るという意思表示として枝野氏に投じたい」と約束した。共産党は98年、野党が結束して自民党の小渕恵三氏に衆院解散を求めるため菅直人・民主党代表…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集