メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行革担当再登板の河野氏らに求められる突破力 菅内閣の経済立て直し策は

河野太郎氏=首相官邸で2020年9月15日、竹内幹撮影

 第202臨時国会が16日召集され、自民党の菅義偉総裁(71)が、衆参本会議の首相指名選挙で第99代首相に選出された。

 菅首相は経済閣僚をそろって再任させた。新型コロナウイルスの感染防止に目配りをしつつ、沈んだ経済の立て直しが当面の課題となる。

 「感染拡大を絶対阻止し、その上で経済活動との両立を目指す。さもなければ、国民生活が成り立たなくなるからだ」。菅氏は16日夜の就任記者会見で、感染防止と経済再生を同時に進める考えを強調した。

 菅氏は引き続き持続化給付金や無利子無担保融資によって雇用や企業活動を下支えする構えだが、中小企業は特に厳しい経営環境に置かれている。菅氏は必要に応じて補正予算を編成して追加措置を講じる方針だが、機動的で実効性の高い対策を打てるかどうかが焦点だ。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです