メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮への報復に「核80発」も トランプ政権の選択肢の一つと指摘

[PR]

 米著名記者ボブ・ウッドワード氏は15日出版の新著で、北朝鮮による軍事侵攻を想定した米韓両軍の「作戦計画5027」に、報復として核兵器80発の使用も含まれていると指摘した。同計画は2017年に北朝鮮との軍事的緊張が高まった際、トランプ米政権の選択肢の一つだったという。情報源や80発をどう使うのかには触れていない。

 ウッドワード氏の新著「レイジ(怒り)」によると、マティス国防長官(当時)はトランプ大統領が北朝鮮に対して先制攻撃を行うことはないと考えていたものの、北朝鮮との戦争を念頭にさまざまな計画が用意されていた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです