メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエルとアラブ 「パレスチナ抜き」で協力へ 国交正常化に署名

署名文書を掲げる(左から)バーレーンのザヤニ外相、イスラエルのネタニヤフ首相、トランプ米大統領、UAEのアブドラ外相=米ワシントンのホワイトハウスで2020年9月15日、ロイター

 イスラエルが15日、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンとの間で国交正常化の合意文書に署名した。中東の国際秩序がパレスチナ問題を軸とした「イスラエル対アラブ」の構図から、「パレスチナ抜きの協力体制」に転換されたことを意味している。水面下で行われていた関係構築の動きが公となり、さらに強化される見通しだ。

 「アラブ国家とアラブ連盟の歴史の中で暗黒の日となる」。パレスチナ自治政府のシュタイエ首相は署名式前日の14日、今回の関係正常化を厳しく非難した。アラブ諸国はこれまでイスラエルに対し、国交正常化の条件として、イスラエルに占領地からの撤退とパレスチナ国家の建国を求める「アラブ・イニシアチブ」(2002年)を支持する立場を取ってきた。このため…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです