メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界成長マイナス4.5% OECD見通し コロナ再拡大なら「さらに引き下げ」

OECDのホームページ

 経済協力開発機構(OECD)は16日、最新の経済見通しを発表し、2020年の世界全体の実質経済成長率が前年比マイナス4・5%になると予測した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために導入された移動制限などの解除が進み、6月時点に示した流行第2波が回避された場合の予想から1・5ポイント引き上げた。

 ただ今夏、回復の勢いがやや失われたと分析。21年はプラス5・0%と見込んだ。OECDは先行きが不透明だとした上で「新型コロナが再び拡…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです