メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界成長マイナス4.5% OECD見通し コロナ再拡大なら「さらに引き下げ」

OECDのホームページ

 経済協力開発機構(OECD)は16日、最新の経済見通しを発表し、2020年の世界全体の実質経済成長率が前年比マイナス4・5%になると予測した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために導入された移動制限などの解除が進み、6月時点に示した流行第2波が回避された場合の予想から1・5ポイント引き上げた。

 ただ今夏、回復の勢いがやや失われたと分析。21年はプラス5・0%と見込んだ。OECDは先行きが不透明だとした上で「新型コロナが再び拡…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです