「日本で埋葬を」 ペリリュー島で父戦死 調査見守る79歳 青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
密林の土中に埋もれたままになっている旧日本軍の戦車=ペリリュー島で2019年12月、井川加菜美撮影
密林の土中に埋もれたままになっている旧日本軍の戦車=ペリリュー島で2019年12月、井川加菜美撮影

 太平洋戦争末期に激戦地となったパラオ・ペリリュー島。青森県六戸町の田中恭子さん(79)は戦車隊だった父を戦闘で亡くし、16日で77回目の命日を迎える。遺骨は今も見つかっていない。多くの兵士の遺骨が残されたままになっているこの島で、国はこのほど密林に埋もれた旧日本軍の戦車の発掘調査に乗り出すことを決めた。戦車内に遺骨が残っている可能性があるといい、田中さんは「遺骨が見つかれば日本で埋葬してあげたい」と調査の行方を見守っている。【井川加菜美】

 田中さんの父将一さんが第14師団戦車隊指揮小隊長としてペリリュー島に渡ったのは戦闘が始まる4カ月前の1944年5月。家族には詳しい行き先を告げず、「何かあれば国が準備した『鉄のひつぎ』の中に入ることになるんだから、何も心配することはない」と話していたという。

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1452文字)

あわせて読みたい

注目の特集