メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JALラウンジの特製ビーフカレー オンライン販売で反響 気分は空の旅

日本航空の特製ビーフカレー=成田空港で2020年9月9日午後1時9分、中村宰和撮影

 日本航空が成田と羽田の両空港の国際線旅客用ラウンジ(特別待合室)で提供する特製ビーフカレーを、初めてオンラインと千葉県成田市内のレストランで販売し、反響を呼んでいる。独特の味わいに加え、本来はラウンジの利用資格を持つ旅客しか食べられないことから、「門外不出の逸品」と呼ばれてきた。新型コロナウイルスの影響で海外になかなか行けない中、「搭乗前のラウンジにいる気分を味わえる」「空の旅が懐かしくなる」との感想が寄せられている。

 2007年に成田で提供を始め、肉のやわらかさや脂身の割合などの改良を重ねてきた。具材は牛肉やニンジン、玉ネギ、セロリ、ショウガなどで、日航が国内外の空港ラウンジで提供するカレーの中でも同じレシピの成田と羽田のカレーは評判が高かった。日航の担当者は「最初に野菜などの甘みが口の中に広がり、ゴロゴロとした肉の食感を楽しめる。のみ込んだ後に広がるスパイスの香りや長い余韻もおいしさにつながっている」と太鼓…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです