メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河井夫妻の公判、案里被告を先行 克行被告の弁護人解任受け 東京地裁

河井克行被告(左)と案里被告

[PR]

 2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、東京地裁(高橋康明裁判長)は16日、公職選挙法違反に問われた前法相の衆院議員、河井克行被告(57)と、初当選した妻で参院議員、案里被告(46)の公判を分離する決定を出した。克行議員が15日に弁護人全員を解任したことに伴う措置で、当面は案里議員の公判が先行して開かれる見通し。

 刑事訴訟法は、刑の上限が懲役または禁錮3年を超える起訴内容を審理する場合、弁護人がいないと開廷できないと定めており、克行議員は16日の公判に出廷しなかった。高橋裁判長は開廷直後、案里議員に対し、「克行議員が弁護人を解任したことで、(案里議員の)裁判の進行を妨げることがあってはならない」などと分離決定に至った経緯を説明した。

 16日から予定されていた、現金を受け取ったとされる地方議員らの証人尋問は案里議員単独の公判として予定通り実施する。一方、地裁は克行議員の期日について、16、17、18日を取り消した。

 河井夫妻の公判は迅速に判決を言い渡すように努める「百日裁判」の対象で、年内に55回の期日が指定され、判決は越年する見通しとなっていた。克行議員が弁護人6人全員を解任したことで、克行議員に対する判決言い渡しはさらにずれ込むことになりそうだ。【遠山和宏】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです