メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河井克行議員から現金受領 北広島町議会前議長が辞職 2019年参院選買収事件

河井克行元法相

[PR]

 2019年参院選の広島選挙区を巡る大規模買収事件で、元法相の衆院議員、河井克行被告(57)=公職選挙法違反で公判中=から現金20万円を受け取ったと認めた広島県北広島町議会の宮本裕之前議長(61)が、16日付で議員辞職した。7日に提出された辞職願について、町議会が全会一致で同意した。現金受領を認めて辞職した県内の首長や地方議員は計8人となった。

 宮本氏は参院選公示前の19年3月、町内の自宅を訪れた克行議員が20万円の入った封筒を置いて帰り、その後返却したことを明らかにしていた。【小山美砂】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. 阪神の浜地投手が新型コロナ陽性 19日の中日戦に1軍登板

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです