メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁、HPの広告掲載を停止 法に触れる可能性

 広告掲載が停止された気象庁のホームページ

[PR]

 気象庁は16日、ホームページへの広告掲載を同日午前に停止したと明らかにした。15日午後2時から運用を始めたが、医薬品医療機器法に抵触する恐れのある広告が表示された可能性があるため。同庁が定めた掲載基準では、法令違反や、誤認の恐れがある内容の広告は認めないとしている。

 気象庁によると、掲載は天気予報サイトを運営する「ALiNKインターネット」に業務を委託。閲覧者の好みに応じて、表示内容が変わる「運用型広告」が導入されている。契約は来年2月16日までの約5カ月間で、契約額は8700万円。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです