ジェネリックの糖尿病薬を自主回収 発がん性物質検出 東和薬品と日医工

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=ゲッティ(写真はイメージ)
=ゲッティ(写真はイメージ)

 2型糖尿病患者に投与する血糖降下剤「メトホルミン塩酸塩」から発がん性物質が検出されたとして、医薬品メーカーの東和薬品(大阪府門真市)と日医工(富山市)は16日、それぞれ2018~19年に出荷したジェネリック(後発薬)製剤のうち、医療機関などにある在庫を自主回収すると発表した。出荷量は東和薬品が95…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

あわせて読みたい

注目の特集