メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁がHP広告を1日で掲載停止に 不適切なものが次々と登場

広告掲載を中止した気象庁のホームページ(スマートフォン版)。広告が載っていた欄に「広告枠」と書かれ、「不具合ではございません」と追記してある=2020年9月16日

 気象庁は16日、ホームページ(HP)に載せた広告に不適切なものが含まれた可能性があるとして、すべての広告掲載をやめた。基準に合わないものが複数あったという。HPでの広告掲載は15日に始めたばかりだが、トラブルによりわずか1日で停止を迫られる形となった。掲載再開時期は未定で、気象庁は「経緯を調べ、必要な対策を取る」としている。

 気象庁は経費削減を目的に、HPに広告を載せることを決めた。掲載手法は「運用型」で、検索履歴などに応じて広告が替わる。15日午後2時から掲載を始めたところ、誇大広告の恐れがあるヘアケア用品販売サイトなど、不適切な可能性がある広告が次々と登場した。翌16日午前9時までに約100サイト分が見つかったという。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです