メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口県、安倍前首相の在任記録祝う看板・横断幕外す 税金22万円に「いろいろな意見」

菅内閣発足を受けて取り外された安倍前首相在任最長を祝う看板=山口市の山口県庁県政資料館で2020年9月16日午後6時1分、林大樹撮影

[PR]

 山口県は16日夜、憲政史上最長の連続在任記録となった安倍晋三前首相の業績をたたえるため県庁などに掲示していた横断幕や看板を外した。

 8月24日から県庁のエントランスや下関総合庁舎などに22万円をかけて掲示。税金を使って実施することへの批判も県に多数寄せられていた。横断幕について、村岡嗣政(つぐまさ)知事は「新しい内閣が誕生したので節目ということで降ろした。最長記録達成に祝意を表したが、いろいろな意見があったことは受け止めたい」などと話した。【林大樹、降旗英峰】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです