メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西日本2400億円赤字 21年3月期予想 民営化後で最大

記者会見するJR西日本の倉坂昇治取締役専務執行役員=大阪市で16日午後

 JR西日本は16日、新型コロナウイルスの影響で未定としていた2021年3月期連結決算の業績予想を公表した。最終(当期)損益は2400億円の赤字(前期は893億円の黒字)で、1987年に国鉄から民営化して以降最大となる。新型コロナ感染拡大による外出自粛が直撃、旅行や出張目的の鉄道利用は低迷が続くと予想した。

 鉄道利用者の減少は長期化が避けられず、ダイヤや運賃見直しなど抜本的な経営改善策が急務となる。大阪市の本社で記者会見した倉坂昇治取締役専務執行役員は「将来必ずしもコロナ禍以前の状況に戻らない可能性があるが、施策を積み重ねて鉄道を利用してもらうようにしたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです