メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「青」まわしに感謝の思い込め 新入幕・翔猿が飛び回る秋の土俵

大相撲秋場所2日目、青いまわしで土俵を駆け回り、松鳳山(右)をはたき込みで降した翔猿=東京・両国国技館で2020年9月14日、大西岳彦撮影

 青いまわしに感謝を込めて――。新型コロナウイルスにかかわる医療従事者への感謝を表すシンボルカラーとして、世界中に定着した「ブルー」をまとい土俵で奮闘する力士がいる。大相撲秋場所で、28歳で新入幕を果たした翔猿(とびざる)=追手風部屋=だ。「自分たちが相撲を取れているのは医療従事者の方々のおかげ」と、感謝の気持ちを胸に連日、元気のいい相撲を見せている。

 英国の「国民医療サービス」(NHS)が信頼と安全を表すブルーをシンボルカラーとして使用。新型コロナの感染リスクと向き合いながら治療や看護、介護の最前線で働く医療従事者への感謝を伝えようと、街中の建物や観光名所を青く照らす「ブルーライトアップ」は、今年3月に英国で始まって以降世界中に広がり、国内でも東京スカイツリー(東京都墨田区)などで行われた。

 翔猿は東京都江戸川区出身。地元の…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです