特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

1枠巡る争いは室蘭シャークスとJR北海道クが軸 19日から都市対抗・北海道2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
社会人野球の最高峰「都市対抗野球大会」
社会人野球の最高峰「都市対抗野球大会」

 社会人野球の第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の北海道2次予選が9月19日、札幌円山球場で開幕する。4チームが参加するリーグ戦で、ただ一つの代表枠を争う。連覇を狙う日本製鉄室蘭シャークスと、2年ぶりの代表を目指すJR北海道クが軸になる。

 室蘭は昨年の本大会で先発した左腕・岩崎を中心に鈴木駿、佐藤、瀬川の元プロ3投手をそろえる。打撃陣は上向きで、リードオフマンで2年目の小林、主軸の小屋畑、田畑は高い得点力がある。

 JR北海道クも投手層は厚い。2年目の伊藤は直球に勢いがあり、元プロの立田、12年目のベテラン福山も控える。1次予選で好投した身長195センチの新人右腕・内沢は長身を生かした落差のある直球が持ち味。打線は主軸の松浦を中心に新人の水木、前田、冨田が調子を上げている。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文637文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい