メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一発攻勢出ないソフトバンク、打線の「つながり」で勝ちを手繰り寄せる

福岡ソフトバンクホークスのロゴ

 今季テーマに掲げる「つながり」が終盤の逆転劇を呼んだ。ソフトバンクは先発の杉浦から2点しか奪えなかったが、1点を追う七回に救援陣に食らいつく。柳田の押し出し四球で追いつき、デスパイネの2点適時打で勝ち越した。2戦連続で先発が完投しながら貧打が響いて連敗中だったが、嫌な流れを断ち切り、2位・ロッテとのゲーム差を1・5に広げた。

 七回は長打はなかったが、主軸が選球眼を発揮した。2本の単打などでつくった1死一、三塁の好機で、打席には中村晃。通算1000安打まで残り1本とする中でも打ち気にはやらず、フルカウントから四球を選ぶ。柳田も代わったばかりの3番手・玉井の速球を見極めて歩き、試合を振り出しに戻した。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです