メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「タイミング、パス、動き出し全てかみ合った」 セ大阪・柿谷、起死回生の一発決める

【神戸-セ大阪】後半、ボールを奪い合うセ大阪の柿谷(右)と神戸の山口=ノエビアスタジアム神戸で2020年9月16日、久保玲撮影

[PR]

○セ大阪1―0神戸●(16日・ノエスタ)

 セ大阪が6連勝。前半に退場者を出したが、後半にFW柿谷が先制ゴールを挙げて、逃げ切った。

 前半に退場者を出して、ゲームプランが狂ったセ大阪。早々に、引いて守る以外の選択肢を奪われたが、FW柿谷はあくまで勝利にこだわっていた。

【神戸-セ大阪】試合に勝利し喜ぶセ大阪の選手たち=ノエビアスタジアム神戸で2020年9月16日、久保玲撮影

 まさにワンチャンスだった。前半30分過ぎにFW都倉がレッドカードで一発退場。10人での戦いに5バックを敷いたが、自陣に押し込まれる状況が続いていた。

 引き分けで御の字。誰もがそう思い始めた後半17分、待望の瞬間は訪れた。FKの跳ね返りから、MFデサバトが早めに浮き球のクロスを前線に供給。後方から、相手DFの前に飛び出した柿谷が頭で流し込んだ。「タイミング、パス、動き出し、全てがかみ合った」と自賛するゴールが劣勢をはね返した。

 開幕から好調のチームと相反して、柿谷はこの日が4試合目の先発と定位置を確保できないシーズンを送っていた。今季初ゴールはうれしいはずだが、元日本代表は「1人少ない中で無失点に抑えた守備陣がすごい」とクールに振り返った。

 チームは15季ぶりの6連勝を飾り、試合のなかった首位・川崎との差を勝ち点5に縮めた。「川崎は落ちてこない。僕たちが追っていかないと、Jリーグが面白くない」と柿谷。10人でも崩れない持ち味の堅守はさらにすごみを増し、クラブ伝統の背番号「8」が躍動し始めた。首位の背中を射程圏に捉えた。【長宗拓弥】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです