メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「タイミング、パス、動き出し全てかみ合った」 セ大阪・柿谷、起死回生の一発決める

【神戸-セ大阪】後半、ボールを奪い合うセ大阪の柿谷(右)と神戸の山口=ノエビアスタジアム神戸で2020年9月16日、久保玲撮影

 セ大阪が6連勝。前半に退場者を出したが、後半にFW柿谷が先制ゴールを挙げて、逃げ切った。

 前半に退場者を出して、ゲームプランが狂ったセ大阪。早々に、引いて守る以外の選択肢を奪われたが、FW柿谷はあくまで勝利にこだわっていた。

 まさにワンチャンスだった。前半30分過ぎにFW都倉がレッドカードで一発退場。10人での戦いに5バックを敷いたが、自陣に押し込まれる状況が続いていた。

 引き分けで御の字。誰もがそう思い始めた後半17分、待望の瞬間は訪れた。FKの跳ね返りから、MFデサバトが早めに浮き球のクロスを前線に供給。後方から、相手DFの前に飛び出した柿谷が頭で流し込んだ。「タイミング、パス、動き出し、全てがかみ合った」と自賛するゴールが劣勢をはね返した。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 文科省、保護者の確認「ハンコなし」で 家庭への連絡オンライン化促す

  3. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  4. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  5. 「絶対漏らすな」町長は言った 核のごみ処分場 応募し撤回、東洋町の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです