メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフリカでポリオ根絶 WHOが宣言 残り2か国

ポリオ感染者が発生した地域で、ポリオワクチンを子どもたちに投与するWHOのナイジェリア担当フィオナ・ブラカ免疫チームリーダー=WHOナイジェリア提供

[PR]

ナイジェリア農村部で実施された地域住民へのワクチン接種=NPHCDA(ナイジェリア国家プライマリーヘルスケア開発庁)提供

 世界保健機関せかいほけんきかん(WHO)は8がつ25にち、アフリカのナイジェリアでどもにおお感染症かんせんしょうポリオがなくなったとする「根絶こんぜつ宣言せんげん」をしました。今回こんかい宣言せんげんで、アフリカでのポリオはなくなったことになります。しかし、中東ちゅうとうのアフガニスタン、アジアのパキスタンの2かこくでは、感染かんせんするひとがまだのこっています。

 ポリオは手足てあしがまひすることもある感染症かんせんしょうです。1988ねんには世界せかいの125かこくで35万人まんにんのポリオ患者かんじゃがいました。しかし2019ねんは174れいと、おおきくりました。WHOが区分くぶんする6地域ちいきのうち、これまでにポリオがなくなったのは、アメリカ大陸たいりく日本にっぽんふく西太平洋にしたいへいよう▽ヨーロッパ▽南東なんとうアジアの4地域ちいきです。今回こんかい、アフリカをくわえた5地域ちいきで、根絶こんぜつしたことになります。

ワクチンをとどける

 ポリオが根絶こんぜつしたとみとめられるためには、自然しぜん存在そんざいするウイルス(野生やせいかぶ)によるポリオの患者かんじゃまるねんないことが必要ひつようです。WHOや国連児童基金こくれんじどうききん(ユニセフ)、日本にっぽん国際協力機構こくさいきょうりょくきこう(JICA)など、さまざまな団体だんたい協力きょうりょくし、ワクチンなどでポリオをなくすみをしてきました。その結果けっか、ナイジェリアでは16ねんがつ最後さいごに、ポリオは発生はっせいしていません。

 たくさんのひとにワクチンをとどけるためには、とおむら治安ちあんわる地域ちいきかなくてはなりません。ナイジェリアの北東部ほくとうぶでは、イスラム過激派かげきはのボコ・ハラムから妨害ぼうがいもあり、ワクチン接種せっしゅのためにスタッフに武装ぶそう警護けいごけることもありました。アフガニスタンやパキスタンで根絶こんぜつすすまないのは、武装勢力ぶそうせいりょく予防接種よぼうせっしゅ妨害ぼうがいすることや、アメリカにたいする反感はんかんからどもにアメリカなどがつくるワクチンをけさせるのを拒否きょひするおやがいることなどが理由りゆうです。

世界せかい根絶こんぜつ目指めざ

 これまでに世界せかい根絶こんぜつした感染症かんせんしょうには天然痘てんねんとうがあります。1980ねん根絶こんぜつ宣言せんげんています。WHOは、2023ねんまでに世界せかいからのポリオ根絶こんぜつ目指めざしています。アフリカでのポリオ根絶こんぜつはまだ第一歩だいいっぽで、世界せかい人々ひとびと協力きょうりょくして、根絶こんぜつ必要ひつようがあります。日本にっぽんでは法律ほうりつもとづき市区町村しくちょうそんなどがおこなうワクチン定期接種ていきせっしゅ対象たいしょうになっていて、日本にっぽんどもたちがきちんとけることも大切たいせつです。【野本のもとみどり】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです