メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

話題 後輩の小学生と記念歌 TM NETの木根さん 東京・立川

木根尚登さんの曲を「校内でどう広めるか」について奥秋剛教諭(中央)と話し合う6年1組の児童たち=立川市の市立第六小学校で9月9日
「TM NETWORK」の木根尚登さん=事務所提供

[PR]

 音楽おんがくユニット「ティーエム NETWORKネットワーク」の木根尚登きねなおとさん(62)が、母校ぼこう東京都とうきょうと立川たちかわ市立しりつ第六小学校だいろくしょうがっこう開校かいこう70ねん記念きねん未来みらいぼくらをっている」をつくりました。うたづくりには、6年生ねんせい46にん参加さんか学校がっこうをイメージさせる言葉ことばどもたちにあつめてもらい、木根きねさんが言葉ことばおぎなって歌詞かしにして作曲さっきょくしました。

児童じどう手紙てがみでおねが

 ろくしょうは1950ねん開校かいこうしました。さくねん、70しゅうねんまえ当時とうじの5ねんせい奥秋おくあきつよし先生せんせい(45)の指導しどう学校がっこう歴史れきし調しらべ、木根きねさんが出身しゅっしんしゃだとりました。「記念きねんうた一緒いっしょつくりたい」というおもいを木根きねさんに手紙てがみつたえたところ、こころよけてくれたそうです。

 今年ことしがつ新型しんがたコロナウイルスの感染かんせんひろがったせいで休校きゅうこうになると、木根きねさんはいえにいるどもたちに「宿題しゅくだい」をしました。「ろくしょうをイメージして言葉ことば文章ぶんしょうかんがえてください。ぼくがメロディーにしてうたにします」。どもたちは校章こうしょうのヒマワリ、以前いぜん校庭こうていにあった時計どけい給食きゅうしょくがおいしいことをつたえました。

「みんなしあわせに」

 った木根きねさんはどもたちの言葉ことばをつなぎ、ヒマワリの花言葉はなことば「あなただけをつめている」をくわえ、8がつ完成かんせいさせました。きょくは「世界せかいぼくらをっている」とむすばれます。木根きねさんがゆったりと、かたりかけるようにやさしくうたっています。2くみ脇屋わきや咲紀さきさんは「感動的かんどうてきで、卒業式そつぎょうしきうたったらいてしまいそう」とはなしました。

 木根きねさんによると、ていがくねんのころは病気びょうき入院にゅういんしたこともありましたが、5ねんで「器楽きがく」にはいって「ウイリアム・テル序曲じょきょく」を演奏えんそうしました。それが音楽活動おんがくかつどうの「原点げんてんになった」そうです。木根きねさんは「節目ふしめかかわらせていただき、感激かんげきしました。一人ひとり一人ひとりもれなくみんながしあわせになり、みんなが社会しゃかいつくってほしい」とはなしています。【青島あおしまけん

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです