メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

大西洋でハリケーン多発、英語名出尽くしでギリシャ語に切り替えも

 大西洋では今年、あまりにも多くのハリケーンが発生しているため、世界気象機関(WMO)が用意した21の英語名が使い尽くされる可能性がある。15日米アラバマ州ガルフショアーズで撮影(2020年 ロイター/Jonathan Bachman)

[PR]

 [ジュネーブ 16日 ロイター] - 大西洋では今年、あまりにも多くのハリケーンが発生しているため、11月30日にハリケーンシーズンが終了するのを待たずに世界気象機関(WMO)が用意した21の英語名が最後の「Wilfred(ウィルフレッド)」まで使い尽くされる可能性がある。

 その場合は「アルファ」「ベータ」「ガンマ」といったギリシャ文字のアルファベットに切り替えることになるが、そうなれば史上2回目だという。

 現在、活動が観測されているのはハリケーン「ポーレット(Paulette)」と「サリー(Sally)」、ならびに熱帯低気圧の「テディ(Teddy)」と「ビッキー(Vicky)」。さらに、西アフリカ沖合の低気圧がサイクロンに発達する可能性があり、「ウィルフレッド」と命名されるとみられる。

 米海洋大気庁は今シーズンのハリケーン発生数を過去最多の25回と予想。海面温度の上昇と低層の「ウインドシア」(風向きや風速が急に変わる現象)が原因だとしている。

 14日時点で大西洋で発生している5つのサイクロンについて注意報が出ており、そのうち「ルネ(Rene)」は現在までに消えたが、アルファベットの「R」で始まる名前が既に使われたことになる。WMOによると、「X」「Y」「Z」で始まる名前は適切なものがなかったため、用意されなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです