メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

「ハチロク」に繋がる影の名車「ナナイチ」! アラフィフが熱狂したTE71型レビン&トレノとは

情報提供:カートップ

「ハチロク」に繋がる影の名車「ナナイチ」! アラフィフが熱狂したTE71型レビン&トレノとは

角目二灯の3ドアハッチバッククーペとして人気が高かった

 かつてシビックとともに“テンロク”(1.6リッター)クラスでしのぎを削った、トヨタのレビン・トレノ。

 初代のTE27から7代目のAE111まで、カローラベースのコンパクトなボディに、パワフルなDOHCエンジンを積んだモデルとして、多くの走り屋から愛されてきた車種で、なかでも初代のTE27と、4代目のAE86(いわゆるハチロク レビン・トレノ)は名車として知られ、ファンも多いモデルだ。

TE27のフロント

 このTE27とAE86以外からもう一台、レビン・トレノらしいクルマをピックアップするなら、3代目のTE71にスポットを当てたい。

トヨタ・カローラ(TE71型)

 TE71は1979年に登場。ベースは3代目カローラで、TE27から続く、DOHC 2バルブの2T-Gエンジンを搭載。先代の前期モデル(キャブレター仕様)は、昭和50年排出ガス規制をクリアできずに、256台で生産終了……。後期に電子制御燃料噴射(EFI)+触媒を使うことで、昭和51年排出ガス規制をクリアし復活するし、そのEFIの2T-GEU型エンジンを継承。

 さすがに設計の古さは否めなかったが、圧縮比は8.4とわりと高く、最高出力は115馬力/6000rpm、最大トルクは15.0kgm/4800rpmとまずまずで、975kgの車体の軽さを生かし、けっこうパワフルな走りを楽しめた。

トヨタ・カローラ(TE71型)のエンジン

 またシャシーは、このTE71から新設計のものが投入された。フロントサスはストラットのままだが、リアはリーフリジッドから4リンク・コイル+ラテラルロッドに進化。

 まだ独立懸架ではなく、相変わらずリジッドアクスルのままではあったが、FRらしく、アクセルで姿勢をコントロールするにはもってこいのサスペンションで、LSDを入れて、峠を攻めると最高にご機嫌な一台だった(前後にスタビライザーも装着)。

 ステアリングギアレシオは16.1と当時としてはクイックで小気味よく、四輪ディスクブレーキというのも、スポーティーな要素。

 角目二灯の精悍な顔立ちに、直線が基調の3ドアハッチバッククーペのボディはデザイン的にもまとまっていて、茄子紺のボディカラーに、オレンジのストライプという組み合わせも人気があった。

トヨタ・カローラ(TE71型)02

 新車価格で134万円というプライスも魅力だったが、1980年代後半になると、ジムカーナ・ラリー・ダートラ系をメインに扱った雑誌の個人売買欄に、多数のTE71が10万円前後の価格で売りに出ていた! このTE71か同じ価格帯のKP61スターレット(最後のFR)やランタボ(ランサーターボ)で走り屋デビューする若者や学生が多かった。

 そういう意味で、このTE71に育てられたアラフィフドライバーはたくさんいるはず。

TE71型レビン&トレノとは

 エンジンもパワフルではなかったが、4バルブになったAE86の4A-Gよりも“トルク感”はあり(速さでは負ける)、踏んでいって面白いエンジンだったし、基本的にタフだった。

 シャシー・ハンドリングはバランスがよく、AE86もほぼそのままTE71のシャシーを引き継いだ形なので、TE71がなければ、AE86伝説も生まれなかったに違いない。

AE86の走り

 大きなレースでは、スーパーシルエットにトムスからちょろっと出たぐらいしか出番がなかったが、FRの傑作シャシーに、トヨタの名機2T-Gを積んだ最後のモデルとして、いつまでも記憶に残る一台だ。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです