メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

狂言・野村3代が魅了 「神秘域」 杉本博司企画、構成

 京都市京セラ美術館(同市左京区)で開かれている開館記念展「杉本博司 瑠璃の浄土」の関連イベントとして、狂言師の野村万作、萬斎、裕基の3代が共演する公演「神秘域(かみひそみいき)」が9月1日、ロームシアター京都で披露された。

 公演は現代美術作家の杉本が企画と構成を手掛け、万作らが狂言「月見座頭」、萬斎、裕基らが古曲「三番叟(さんばそう)」を演じた。神が降臨する様を表す「三番叟」では、フィルムに電流の跡を焼き付けた杉本の写真作品「…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです