メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まるで絵本 ベスト句集出版 久喜の万能川柳殿堂作家、宮本佳則さん /埼玉

句集「七彩の砂金」を出版した宮本佳則さん=埼玉県久喜市で2020年8月20日、萩原佳孝撮影

 毎日新聞万能川柳の殿堂作家、宮本佳則さん(68)=久喜市=が句集「七彩(なないろ)の砂金」(新潮社図書編集室)を出版した。初投稿から27年、1900を超す入選句から200句を自選したベスト句集。国内外で活躍するイラストレーターの山口洋佑さんが装画と50枚の挿絵を担当し、楽しく美しい句集に仕上がっている。=一部地域既報

 年間大賞受賞句の<何もない山頂にある達成感>をはじめ、<誰とでも勝手に出来る片想い><あの世からみれば死ぬ日は誕生日><棍棒(こんぼう)を核に持ち替え言う進化><物じゃなく人の心に宿る価値>――など、その切れ味に思わずクスリとさせられたり、深く考えさせられたり、温かな気持ちにさせられたりする、達人の秀句が網羅されている。

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1238文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです