メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優しく走ろうサラダパン 限定品、交通安全啓発パッケージ /滋賀

「交通安全・思いやりサラダパン」を販売するつるやの西村豊弘専務取締役(右)と、滋賀県警交通部の熊谷浩一部長。右端は県警マスコットキャラクターの「けいたくん」=大津市打出浜の県警本部で、菅健吾撮影

 パン製造販売の「つるや」(本社・長浜市)は、21日から始まる「秋の全国交通安全運動」に役立ててもらおうと、交通安全を啓発するメッセージが書かれた限定パッケージの「サラダパン」を運動期間中に販売する。30日まで。

 サラダパンは刻んだタクアンをマヨネーズであえ、コッペパンに挟んだ商品。1960年代に誕生し、県民の「ソウルフード」として知られる。期間中に販売されるのは「交通安全・思いやりサラダパン」。中身はサラダパンだが、パッケージの表面に…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  3. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです