メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたい!科学者の頭の中 佐藤京大名誉教授、「絵本」執筆・編集 著名20人の実験室を再現 /和歌山

宇宙物理学者で京都大名誉教授の佐藤文隆さん=京都市西京区で、川平愛撮影

 「地球の大きさを測る方法は?」「地球に生命が生まれたのはなぜ?」――。そんな壮大な問いを解き明かそうとした歴史上の科学者たちの実験室をのぞいてみることをコンセプトにした絵本「潜入!天才科学者の実験室」(汐文社)シリーズが5月から発刊されている。執筆と編集を手掛けたのは宇宙物理学者の佐藤文隆・京都大名誉教授(82)。地球の大きさを測った紀元前のエラトステネスからビル・ゲイツまで幅広く網羅し、「科学は古いものが流れていくようだが、積み重ねの上に成り立っていることを知ってほしい」と出版の狙いを語る。【野口由紀】

 1972年にアインシュタイン方程式の解である「冨松―佐藤解」を示した世界的な業績で知られる佐藤さん。文筆家の顔を持ち、著作は専門分野にとどまらず、科学と人間に関する随筆など約50冊に上るが、絵本は珍しい。今回は約5年前にフリー編集者のくさばよしみさんから科学絵本を作ろうと誘われ、「一生は一度。毛色のぐっと違うものをやってみよう」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです