メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽しめる芸術、身近に 津和野・桑原さん、木部地区舞台の映画製作 地元で年内公開予定 /島根

映画の役に扮した桑原宙さん(前列左)や田中文さん(前列中央)ら出演者=桑原さん提供

 津和野町長福のミュージシャンで映像クリエーターの桑原宙(そら)さん(46)が、地元の木部地区を舞台にした映画「エンターテイナー」(50分、白黒)を製作した。劇作家志望の少年が旅芸人との出会いを通じて夢に向かって成長するひと夏の物語。地元で年内の公開を予定している。

 桑原さんは水俣病などをテーマにした活動で知られる津和野町出身の報道写真家、桑原史成さん(83)の次男で、3年前に東京から木部地区の父の生家に移住した。

 同地区はかつて笹ケ谷鉱山を中心に栄えたが、1971年の閉山後は衰退。桑原さんは60年代まで桑原家の敷地内に劇場があり、映画や大衆演劇を楽しむ人々でにぎわったことを知って感激した。一方で、往時に比べて身近で芸術文化に触れにくい地区の現状を憂え、「子どもたちが芸術に関心を持つきっかけになれば」と映画製作を企画した。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです