メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

庁舎を小さな美術館に 直方市役所で地元作家の作品展示 /福岡

直方市役所で展示されている是沢さんの「山村」

 直方市は9月から、市役所3~6階のエレベーターホールに県ゆかりの作家の絵画を展示している。文化に触れられる環境を市民に提供しようと始めた。直方谷尾美術館収蔵作品の中から、美術館職員が選んだ地元作家の作品などを展示する計画だ。

 第1弾は、宮若市出身の山喜多二郎太さんの水墨・淡彩画「暖かい背中」や田川…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです