メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東九州伊勢えび祭り 「威勢よく食べコロナに勝とう」 佐伯市と宮崎・延岡市28店舗 /大分

参加店のひとつ、道の駅かまえ「ブリ・ラボラトリー」の伊勢えび御前

 旬を迎えた日豊海岸のイセエビを味わってもらおうと佐伯市と宮崎県延岡市が取り組む「東九州伊勢えび海道・伊勢えび祭り2020」が始まった。今年で17回目。新型コロナウイルス感染症の影響で県境をまたいだスタンプラリーなどは中止し、主に県内の人々に向けてPRしている。

 日豊海岸のイセエビ漁の解禁は今月1日で、祭りは2日から11月30日まで…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです