メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

風の運ぶもの=小野正嗣

 地面は凸凹で、雨が降ったらしく、ぬかるみ、ところどころに茶色い水たまりもあった。

 見渡すかぎりその空き地には、いま目の前にあるキャンピングカーも含めて、バンやピックアップトラック、あるいは普通乗用車などさまざまな種類の車が停車していた。雨に洗い清められることはなく、とりわけ車体の腹ははね散った泥で汚れていた。

 そこが単なる駐車場ではないことだけは確かだった。

この記事は有料記事です。

残り2074文字(全文2255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです