菅ビジョン聞きたい=編集編成局次長・高塚保

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 菅義偉・新首相は日本社会が抱える課題をどう捉えているのだろう。

 菅氏は「自助、共助、公助」が目指す社会像という。たたき上げ、苦労人だからこその目線だと感じる。だが、努力しても報われない人もいる。レールから外れてしまうと、なかなか戻りにくい世の中だ。菅氏には、そうした人々の目線に立ってもらいたい。それこそが持ち味ではないか。

 安倍政権は内政において疑似左派的な政策も掲げた。しかし、結果的に格差は縮まらなかった。自助が行き過ぎれば、過度な自己責任論になりかねない。新自由主義的な路線の行き詰まりを、コロナ禍は図らずも示した。広がった格差を、どう是正していくのか。それこそが行政に求められる役割だと思う。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文795文字)

あわせて読みたい

ニュース特集