メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

「甲骨文」とTikTok=坂東賢治

 <moku-go>

 米国だけで1億人の利用者がいるという人気動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」の提携相手候補に選ばれたのは米IT大手のオラクルだった。

 オラクルは「神託」。古代ギリシャで神託を伝えたみこの意味もある。創業者のエリソン会長らが開発したデータベースの名だ。

 中国語の社名は「甲骨文(こうこつぶん)」。古代王朝、殷の遺跡で見つかる動物の骨などに書かれた甲骨文字は漢字の祖形で占いの結果を記す。東西文明に共通する「神託政治」を象徴する言葉を選んだわけだ。

 中国メディアには「甲骨文」の文字が盛んに登場している。ティックトック親会社の北京字節跳動科技(バイトダンス)が「甲骨文」を選んだことには好意的だ。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです