メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

コロナ対策担う保健所 冬に備え体制強化を=論説委員・堀井恵里子

 新型コロナウイルス感染症対策で、最前線に立っているのが保健所だ。ただ、増える業務に体制が追いついていない。行政改革で全国的に数が大きく減らされてきたからだ。新型インフルエンザ流行の際に体制強化が提言されたが、その教訓は生かされず、感染症への備えは不十分なままだった。秋冬の季節性インフルエンザとの同時流行に備え、保健所の体制強化に万全を期す必要がある。発足した菅政権の取り組みが急がれる。

 「はい、新型コロナ相談センターです」

 猛暑が続いていた8月末。東京都東部の江戸川保健所の一室で、職員が電話を取る。感染を心配する人からのようだ。

この記事は有料記事です。

残り2524文字(全文2792文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです