メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

国安法施行で香港一変 自由奪われ、恐怖との闘い=福岡静哉(台北支局)

国家安全維持法が施行された翌日の7月1日にあったデモに参加し、警察に拘束された市民=香港・銅鑼湾で、福岡静哉撮影

 中国の習近平指導部が香港への統制を強化する国家安全維持法(国安法)が6月30日に施行された。私は香港政府や中国当局への市民の抗議デモが本格化した2019年6月以降、継続的に現地で取材を続けてきた。国安法は、香港の状況を一変させたと肌で感じている。

 国安法が施行された後の7月。ある人物へのインタビュー冒頭、こう言われた。「国安法への見解は実名で書かず匿名にしてほしい。逮捕される可能性があり危険だ」。8月にはある学者が私にこう告げた。「少なくない学者が、外国人記者の取材を受けることを尻込みし始めている」

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1860文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです