メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒人女性射殺、和解 米市、遺族に12億円

記者会見するブレオナ・テーラーさんの母親タミカ・パーマーさん(左から2人目)=米ケンタッキー州ルイビルで15日、AP

 米南部ケンタッキー州ルイビルで3月、黒人女性の救急救命士、ブレオナ・テーラーさん(当時26歳)が自宅で警察官に射殺される事件があり、ルイビル市は15日、市を提訴していた遺族側に1200万ドル(約12億6500万円)を支払い、市警改革を進めることで和解したと発表した。遺族側の代理人弁護士によると、警…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです