メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒人女性射殺、和解 米市、遺族に12億円

記者会見するブレオナ・テーラーさんの母親タミカ・パーマーさん(左から2人目)=米ケンタッキー州ルイビルで15日、AP

 米南部ケンタッキー州ルイビルで3月、黒人女性の救急救命士、ブレオナ・テーラーさん(当時26歳)が自宅で警察官に射殺される事件があり、ルイビル市は15日、市を提訴していた遺族側に1200万ドル(約12億6500万円)を支払い、市警改革を進めることで和解したと発表した。遺族側の代理人弁護士によると、警…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです