メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅内閣発足 海外の見方

 自民党の菅義偉総裁が16日、第99代首相に選出された。日本では2012年12月以来、7年8カ月ぶりとなる首相交代。米国や中国、韓国、ロシアはどのように新内閣の発足を受け止め、向き合おうとしているのか。

安倍外交、継承好感 米国

 「日米関係はかつてないほど強化されている。トランプ大統領は、菅首相とともにこの関係をさらに発展させることを望んでいる」。米ホワイトハウスは16日、菅政権誕生を祝福する声明を出した。

 安倍前政権を中枢で支えた菅氏の首相就任に対し、米政府内では、日米同盟を外交の基軸に置く日本政府の基本路線が維持されるとの期待が広がる。

この記事は有料記事です。

残り1625文字(全文1897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです