メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル国交署名 UAE・バーレーンと

国交正常化に関する文書に署名した後、バルコニーから手を上げて応える(左から)イスラエルのネタニヤフ首相、トランプ米大統領、バーレーンのザヤニ外相、UAEのアブドラ外相=米ワシントンのホワイトハウスで15日、AP

 イスラエルと、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンが国交を正常化する文書の署名式が15日、米ホワイトハウスであった。イスラエルと敵対してきたアラブ諸国で国交樹立に踏み切ったのはエジプト(1979年)、ヨルダン(94年)以来で、計4カ国に増えた。脅威となっているイランに対抗するため、他のアラブ諸国が追随する可能性もある。仲介役のトランプ米大統領は11月の大統領選に向けた「外交実績」としてアピールする考えだ。(3面に質問なるほドリ)

 署名式はトランプ氏が主催し、イスラエルのネタニヤフ首相とUAEのアブドラ外相、バーレーンのザヤニ外相がそれぞれ出席した。トランプ氏は演説で「何十年にもわたる分断と対立の後、中東は新しい夜明けを迎えた」と意義を強調。ネタニヤフ氏は「この和平は他のアラブ諸国にも拡大し、アラブとイスラエルの紛争を最終的に終結させることができる」と期待感を示した。

 それぞれが署名した文書によると、イスラエルとUAE、バーレーンは相互に大使館を設置し、観光やビジネス、医療、安全保障などの幅広い分野で協力していく。

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです