メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東、初の赤字 4180億円予想/JR西は2400億円 過去最大 21年3月期

 JR東日本は16日、これまで未定としていた2021年3月期連結業績予想を発表し、最終(当期)損益が4180億円の赤字(前期は1984億円の黒字)に転落するとの見通しを示した。新型コロナウイルスの感染拡大による鉄道利用者の激減が響き、通期では1987年の民営化以降で初めての赤字となる。

 JR東は、21年3月期の連結売上高が前期比34・5%減の1兆9300億円、本業のもうけを示す営業損益が5000億円の赤字(前期は3808億円の黒字)になると見込んだ。

 新幹線の足元の乗車率は3割程度と低調に推移。外出自粛や店舗の営業時間短縮などの影響で、鉄道や商業施設、ホテル、不動産などグループ全体で軒並み苦戦が続いている。

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです