連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

人々を幸せにする発展とは=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた在宅勤務対応で、デジタルトランスフォーメーション(デジタルによる改革)が進むと言われている。大いに期待したいところだが、若干の懸念もある。

 実は、わが国では2000年ごろに、これからはIT化だと言われて随分とIT投資が行われた。IT化によってホワイトカラーの生産性が格段に向上すると言われて、諸外国ではそうなった。ところが、わが国ではそうならなかった。働き方が変わらなかったからだ。生産性はほとんど上がらず、企業はその後のIT投資に慎重になった。

 今回は、自民党総裁選でもデジタル化の推進が議論されており、当時とは違うだろう。ただ、それでも気になるのが、それが人々の幸せにつながるものになるかだ。人は幸せを感じるときに効率よく働く。その逆ではない。幸せを感じるか否かで、チームプレーが必要な業務では37%を超える差が、創造性を求められる業務では300%にも及ぶ差が生まれるという。日立製作所中央研究所で人工知能(AI)や社会におけるデータ活用を研…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文704文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集