メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日立、英原発撤退決定 日本、交渉中輸出案件ゼロ

 日立製作所は16日、英国での原発新設計画から撤退すると正式に発表した。同日開いた取締役会で決定した。2019年に事業の凍結を発表したが、新型コロナウイルスの影響などで投資リスクは高まっており、事業を断念した。英政府にも既に伝えた。これで日本勢が交渉中の輸出案件はなくなり、日本政府が掲げてきた原発輸出戦略は大きくつまずいた形だ。

 日立は撤退理由について「新型コロナ感染拡大の影響などにより、投資環境が厳しさを増している」と説明した。12年に買収した英原発事業会社「ホライズン・ニュークリア・パワー」を通じ、英中部アングルシー島に原発2基を建設して機器の納入から発電所の運営まで担うプロジェクトで、20年代半ばの運転開始を目指していた。

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです