特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 柿渋でウイルス不活化 奈良県立医大、予防効果検証へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
柿から抽出した柿タンニンの粉末=奈良県橿原市の県立医大で15日
柿から抽出した柿タンニンの粉末=奈良県橿原市の県立医大で15日

 奈良県立医大(同県橿原市)の研究グループは15日、柿から抽出した柿タンニン(柿渋)に唾液中の新型コロナウイルスの感染力を失わせる効果があることを実験で確認したと発表した。今後、人の口腔(こうくう)内での予防効果を検証する臨床研究を進め、早期の製品化に向けて共同開発する企業を公募する。

 効果を確認したのは、伊藤利洋教授(免疫学)と矢野寿一教授(微生物感染症学)のグループ。人の唾液を入れた新型コロナのウイルス液に高純度で抽出した柿タンニンを加えて10分間置き、…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集