メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「核ごみ」継続審議に 最終処分場請願 北海道・神恵内村議会

 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡り、北海道神恵内(かもえない)村商工会が国の文献調査への応募検討を求めて村議会(定数8)に提出した請願について、村議会総務経済委員会は16日、「村民の意見を聞く必要がある」として、継続審議とすることを委員8人の全会一致で決めた。委員会が請願を採択して本会議も正式採択すれば、村が応募検討に着手することから注目を集めたが、結論は持ち越しとなった。

 委員会は非公開。継続審議という結論は閉会後、伊藤公尚議長ら出席者が明らかにした。日程は未定だが、今後、議会閉会中に委員会を開き、請願の採択について再審議するという。また、選定手続きの主体となる国と原子力発電環境整備機構(NUMO)に対し、村民に対して住民説明会を開くよう要請することを明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです