メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

尾竹永子さん=原爆と原発をテーマに活動する米国在住の芸術家

 広島・長崎への原爆投下。福島での原発事故や環境破壊。そして新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)――。「人間の過ち、混沌(こんとん)とした命のありようを考え、静かに情を込めて死者に向かって踊りたい」

 活動の拠点、米ニューヨークで26、27日(現地時間)、野外パフォーマンスを行う。舞台は広大な敷地に56万人余が眠るグリーンウッド墓地。「コロナ禍の下で何ができるか」と自問し、公演の再開を決意した。

 東京都立高から進んだ中央大で、学生運動に行き詰まり中退した。舞踏家の故大野一雄さんに学び1976年、アートとしてのダンスの担い手が集まるニューヨークへ。パートナーのコマ=本名・尾竹隆=さん(71)と作品を次々に発表した。米同時多発テロ(2001年)を機に原爆に目を向け50歳で米ニューヨーク大大学院に入学。長崎で被爆した作家の故林京子さんと親交を深め、暴力の問題と身体の動きを組み合わせた授業を米ウ…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです