メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テラハ、審理入り 木村花さん出演 BPO

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は16日、フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレス選手、木村花さん(当時22歳)が視聴者から誹謗(ひぼう)中傷を受けた末に死亡した問題について審理入りを決めたと発表した。審理入りは15日付。木村さんの母響子さん(43)が7月、人権委に審理を申し立てていた。

 人権委によると、響子さんは申立書で、5月19日未明に放送された、花さんが男性共演者の帽子をはたいて強く抗議する場面を巡って会員制交流サイト(SNS)での中傷が激化したことを苦に「自らの命を絶った」と主張。凶暴な女性のように描く「過剰な演出」で「精神的苦痛を受けた」などとして、花さんに対する人権侵害を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです