メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

最期の生き方を伝える=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

 「20年以上医療現場で働いてきて、死を迎える時期やその原因は、自分自身では選ぶことはできないことを強く実感してきました。同時に最期の瞬間までの過ごし方は、自分で意思表示することができる。そう実感したので、自分自身の最期については事前指示書も作成しています。こうして自分の生き方を見せることで、子どもたちのこれからの人生の中に、私の生き方が受け継がれていくのだと信じています」

 最期の療養先の相談で関わらせていただいた患者さんの言葉です。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです