メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・社会保障

新型コロナ 保育園・自治体調査/上 原則休園、「線引き」に悩み

 新型コロナウイルス対策のため、4~5月に緊急事態宣言が発令され、保育園の休園や登園自粛により、通園できない園児が増え、家庭には大きな影響が出た。感染状況が深刻化し、再び緊急事態宣言を発令する事態に発展した場合、各地の認可保育園はどう対応すべきか。主要自治体を対象としたアンケート調査や保護者への取材から探る。

 緊急事態宣言が再び発令された場合の保育園の運営などについて、毎日新聞は6月下旬~7月初旬に政令市や東京23区、県庁所在地の計74市区を対象にアンケート形式で調査。大津市と金沢市を除く72市区が回答した。

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです