メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・社会保障

新型コロナ 保育園・自治体調査/上 原則休園、「線引き」に悩み

 新型コロナウイルス対策のため、4~5月に緊急事態宣言が発令され、保育園の休園や登園自粛により、通園できない園児が増え、家庭には大きな影響が出た。感染状況が深刻化し、再び緊急事態宣言を発令する事態に発展した場合、各地の認可保育園はどう対応すべきか。主要自治体を対象としたアンケート調査や保護者への取材から探る。

 緊急事態宣言が再び発令された場合の保育園の運営などについて、毎日新聞は6月下旬~7月初旬に政令市や東京23区、県庁所在地の計74市区を対象にアンケート形式で調査。大津市と金沢市を除く72市区が回答した。

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです