連載

科学の森

科学や環境問題を専門に取材する記者が、身近な話題を図解を交えてわかりやすく解説します。

連載一覧

科学の森

独自に発展、日本の点字数式 「学びたい」支える先達と点訳者

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 視覚障害者が指で読む文字の「点字」は、1マス6個の凸点の組み合わせで複雑な数式まで表現する。かつては高度な内容を表せなかったが、試行錯誤が繰り返され、日本独自の「点字数式」が作られた。数学を学ぶ可能性を切り開いた先達たちの軌跡に迫った。

 「点字によって、視覚障害者は自分で読み書きできる文字を獲得した。ただし数式は『追加』と『変更』を繰り返す運命をたどることになった」。日本点字委員会の金子昭副会長(80)は、点字数式の歴史をそう説明する。

 点字が日本で初めて使われてから、今年でちょうど130年になる。まずは、点字の歴史を簡単にたどっていきたい。

この記事は有料記事です。

残り1496文字(全文1771文字)

あわせて読みたい

注目の特集