メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

独自に発展、日本の点字数式 「学びたい」支える先達と点訳者

 視覚障害者が指で読む文字の「点字」は、1マス6個の凸点の組み合わせで複雑な数式まで表現する。かつては高度な内容を表せなかったが、試行錯誤が繰り返され、日本独自の「点字数式」が作られた。数学を学ぶ可能性を切り開いた先達たちの軌跡に迫った。

 「点字によって、視覚障害者は自分で読み書きできる文字を獲得した。ただし数式は『追加』と『変更』を繰り返す運命をたどることになった」。日本点字委員会の金子昭副会長(80)は、点字数式の歴史をそう説明する。

 点字が日本で初めて使われてから、今年でちょうど130年になる。まずは、点字の歴史を簡単にたどっていきたい。

この記事は有料記事です。

残り1496文字(全文1771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです