メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 巨人7-6阪神 G、脇役が躍動

【巨人-阪神】二回裏巨人1死、田中俊が右越えに先制ソロを放つ

 巨人が今季初先発の田中俊、立岡の活躍で9連勝。二回に田中俊のソロで先制し四回は立岡の適時打で加点。五回には若林、田中俊の連続適時打と立岡の3ランで突き放した。阪神は終盤に追い上げるも及ばなかった。

 先発メンバーに、主将も主砲もいない。それでも打線はつながる。前夜に優勝へのマジックナンバーを初点灯させた巨人は、この日は普段、出場機会が限られている「脇役」が躍動した。

 猛打の口火を切ったのは田中俊だ。二回1死から阪神・青柳の内寄りの浮いたシンカーを捉えた。打球は大きな弧を描いて右翼席に吸い込まれる。今季初安打が貴重な先制ソロとなり、「最高の結果になった」と喜んだ。四回には立岡が適時打。五回には田中俊が適時打を放ち、立岡も相手を突き放す3ランを右翼席にたたき込んだ。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです