メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 朝乃山、やっと初日 まわしこだわらず、前へ

朝乃山(左)が寄り倒しで北勝富士を降す=宮間俊樹撮影

 悩める大関がようやく連敗を脱出した。朝乃山が気迫を見せて、初日を出した。

 頭で当たってくる北勝富士を突き起こし、右を差して前に出ると、粘る相手を振りほどくように、最後は寄り倒した。土俵下の錦戸審判長(元関脇・水戸泉)は「まわしにこだわらず攻めていた。体を使って前に出た方がいい」と評価した。

 新大関だった7月場所で優勝を逃した悔しさを胸に、場所前から優勝を意識していた朝乃山。両横綱の休場もあって、大関としての責任も感じていたが、気合が空回りするように黒星が続いていた。

 ようやく、もやもやを振り払い、187センチ、174キロの恵まれた体格を生かした力強さを見せた。だが、2日目からの取材拒否は白星でも変わらない。この程度で喜んではいられないとの気持ちの表れと見える。

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  5. ジャパンライフ創業者の山口元会長を詐欺容疑で逮捕 2100億円被害か 警視庁など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです